元キット

ドラゴン ヤークトティーガー

 

劇中との差異

・予備履帯無し(ラックのみ)

・牽引ワイヤー無し

・戦闘室後部の対空機銃(MG42)は無し。支柱のみ装備

 

MG誌模型戦車道選手権応募作品。

最初のネタの4号D型が間に合わないのが判った時点(締め切り2週間前)に急遽製作開始した作品。

元キットが結構古いので細かい所をチョコチョコ手を入れた以外はほぼ素組み。

時間も無かったので細かい塗装に凝れなかったのも心残りかなぁ

塗装は以前からやりたかったオキサイドレッド単色。アクセントとして、OVMは丁度購入したばかりの「木目塗料セット」を使って派手目の塗装をしてみました。

エンジングリルのエッチングは凹みを作って面に馴染ませた上で黒でドライブラシ。

意図してなかったのですが、このドライブラシが煤とゆうよりは下に空間があるって感じに仕上ってくれました。

本当は履帯に10話の戦闘開始直後の森を突破してきた時に噛んでるはずの小枝等をウェザリングの一環として組み込みたかったのですが、丁度いい素材にめぐり合えていないので断念しています・・・

なんか良いの無いですかねぇ。木材とかなら適当な枝を持ってくればいいのですが、1/35での小枝サイズとなると・・・サイズ的には糸くずと大差無いですからねぇ

かといって本当に糸くずを使うわけにも行かないし(色や質感のコントロールが難しい)