元キット

プラッツ 4号戦車D型あんこうチームVer

劇中との差異

・履帯がH/J型後期に使われた滑り止めパターン&センターガイドに肉抜きが無いタイプがセットされている

(劇中では中期型、滑り止めパターン無し、センターガイド肉抜き有りのタイプ)

・予備履帯有り。前面8枚、側面4枚

・車長ハッチ内のペリスコープがG型に使われてたタイプ(内部だけ)

・フェンダー上の工具箱は無し

・OVM配置が微妙に違う

・砲塔背面、車長ハッチの出っ張り部分のリベットが2つ有り

・砲塔背面のピストルポートが左右対称の向きになっている

・車体背面、牽引ワイヤー留め具の位置がF型以降の配置になっている

 

模型初心者に配慮して製作難易度を下げてはいるのだが・・・

元になったキットが製作難易度高めのドラゴンの中でも特に難易度高いとゆうキットなので、決して初心者向けとは言えない結果になっている上に、劇中との差異も多いとゆうちょっと困ったキット。

精査すると努力したとゆうのは認められるが残念な結果になってるのは・・・

もっとも完全再現は、ほとんどのランナーを新規金型を作らないとならないので無理ですね。

 

まぁ、外国メーカーの製品で日本のアニメのキットを販売してしまうって事自体がミラクルなんですがw